STK改2016!香川ステージ。

Sponsored Links

前回お伝えした通り、サンポートFRC代表加藤氏(俊さん)プロデュース!STK改2016に参加してきました!!3/18(金)嫁の運転で小倉駅まで送ってもらう。この格好で高速バス!慣れましたけど何か?(笑)久々の高松行き高速バス(確か丸亀ハーフ以来ではないでしょうか??)。11時過ぎにバス到着、確か席は窓際で予約。入ってみると、明らかに2:1の座席。ワテの席は2の方……真ん中のオヤジ、熟睡(汗)『一番後ろまで行って、席に座ろう!」……「何〜!」2の方の間隔は無いに等しい(汗×2)なので折り返して、ワテの座席へ!もうバス移動中で周りもほぼ睡眠中。オヤジを起こすも起きる気配なし!!面倒くさくて「またごし」てたらオヤジが目を覚まして、周りも起きだす(汗×3)大顰蹙の中、平然と睡眠導入剤を飲み就寝……..したつもりが効かない(汗×4)超浅い眠りで高速バス移動!!!
STK改2016高松ステージ 小倉駅前高速バス乗り場

3/19 午前7時過ぎに高松駅に到着!睡眠不足か?目も腫れております(笑)駅構内を散策しながら、俊さんと約束してた8時まで暇をつぶします。
STK改2016高松ステージ 高松駅前

昨年のKTSでゴールした翌朝に食べた「うどんバカ一代」の釜バターうどんが食いたく”俊さん”にリクエスト!これが食べれるだけでも来た甲斐があります(笑)俊さん!早朝からありがとうございました!!行列も出来てなくすんなり中へ。
STK改2016高松ステージ 俊さんとうどんバカ一代へ

ワテも大満足な表情!思わず一枚!!(笑)
17bakaichi

改めて、こちらが”釜バターうどん”!いや〜絶品でした。ワテは小でよかったのですが、俊さんも小??食べ終わって「もう一軒いきますか!!100マイルですから食べんとアカンでしょう!カーボ、カーボ」と一路”さか枝うどん”へ。ここでは冷たいぶっかけの小をいただきました。はっきりお腹パンパンです(笑)
STK改2016高松ステージ バカ一代のカルボナーラうどん

うどんを食べて俊さんと別れ、高知の川村さんと高松駅で待ち合わせてたのですがすれ違い(汗)10時に近づいてきたので慌ててサンポートへ。皆さん勢揃いしてて、ご挨拶をして”赤灯台(せとしるべ)”へ。これがまた長い(笑)寝不足の顔が物語ってますが、かなり憂鬱な気分です(爆)
STK改2016高松ステージ サンポートせとしるべに向かう様子

スタート前に”せとしるべ”の前で、高知MMCの村場師匠とツーショット!
STK改2016高松ステージ スタート地点のせとしるべ 高知MMC村場師匠とツーショット

30時間組は今回この8人でスタート。お一人は途中までご一緒にとのことでしたが………….。10:04にスタートしました!!
STK改2016高松ステージ スタート地点のせとしるべで 3,0時間組の集合写真

改めてですが今回のコースです。こうして見ますと国道32号線ルートよりはかなり遠回りかと!おまけに徳島、長そうやし(笑)試煉の100マイルになりそうです(汗)
STK改2016高松ステージ 今回のコース

スタートして直ぐに、高松!真のストロングファイター三木氏が応援に!!気合いが入りマッスル(笑)
STK改2016高松ステージ スタート地点のせとしるべで三木さんとツーショット

スタート後ひたすら南下。高松空港を過ぎた辺りからジリジリと上りですが、眠いだけでまだまだ行けます!!
STK改2016高松ステージ 段々と上りへ

歩道の無いところはこのように一列になって進みます。しかし、まだまだ香川です(苦笑)幾分早いペースがちょっと気になってましたが(汗)
STK改2016高松ステージ 段々と上りへその2

これから峠越え!前に道の駅「しおのえ」で休憩。そこで、途中までご一緒!?の平井さんから『芋なっとう』をいただく。これがまた激ウマ!!平井さん、ありがとうございました。
STK改2016高松ステージ 休憩の道の駅で平井小夜子さんからの差し入れの芋なっとう

休憩してる間にポツリポツリと雨粒が!途中で着替えるのも面倒いし、昨年の萩往還のようになりたくもないので上着だけレインウェアを着る。

STK改2016高松ステージ 道の駅しおのえで雨支度

ここから頂上まではほぼ歩き。すれ違う車もほとんどありません。
STK改2016高松ステージ 県境の相栗峠へ

頂上近くのまでくると列も横一線!うんざりする葛折です(爆)
STK改2016高松ステージ 県境の相栗峠へ 嫌になる葛折

スタートしてから約30km、午後4時過ぎに香川と徳島の県境”相栗峠”に到着!たいした痛みも出ずに無事に香川を通過でかなり満足なワテでした(笑)
STK改2016高松ステージ 県境の相栗峠に到着

Sponsored Links