萩往還250km完踏対策クッズ vol,2『ヘッドライト』編

Sponsored Links

今回はヘッドライトです。昨年4月の萩往還250km,11月にSTK(高松サンポート:香川県〜桂浜:高知県 157km)を走った時は、GENTOS DELTA PEAK DPX-433Hを使用しました。金額も手頃(価格3,000円台〜)で全光束が200ルーメンとかなり明るいのですが、重い!205g(笑)この重さ、長時間走ってるとちょっと苦になってきます(苦笑)本番では、少し気を抜くとすぐにダークサイトに引きづり込まれ(爆)些細なことがリタイアの原因になります。レース中ちょっとでもそう言ったストレスを軽減しようと新しいヘッドライトを買いました。
GENTOS DELTA PEAK ジェントス デルタピーク LEDヘッドライト DPX-433H 重量+

PETZL ティカXP2とどっちにしようか?と悩みに悩んで購入したのは Black Diamond Storm(ブラックダイヤモンド ストーム)です。細かい性能は、プロでないのでそんなにこだわってないですが(笑)それと、ロボットっぽい外観が気に入りました!
Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ストーム

箱を出すとこのようなライトです。スイッチ誤動作防止もついてて、ボタンを押してれば誤ってリュックの中でライトがつくことがありません。萩往還250kmの二日目もついうっかりって言うのが防げそうです。
Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ストーム

重量もGENTOS DELTA PEAK DPX-433Hと比べると約90g違います!これなら頭も痛くないかな??と思われます。
Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ストーム 重量

そして先月のKTS(桂浜:高知県〜高松サンポート:香川県 157km)を走った時に実戦投入!いや〜重さはまったくストレスなしでした(笑)そしてストームの全光束は160ルーメン。40ルーメン少ないのですが、暗いとは感じませんでした。そしてこの日は雨も降ってたのですが、IPX7の防水性能を備えてるので安心して走ることができました。GENTOS なんかに比べると少々お高いですが、個人的におすすめの一品です(笑)
KTS(桂浜〜高松サンポート)Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ストーム 

こちらは3年前に初出場した萩往還140kmの時の写真です。このとき使用したのがGENTOS DELTA PEAK DPX-143Hです。この年は山口〜防府間の途中から雨が降り出しました。その間このヘッドライトが気になって(笑)結局折り返しの途中でダークサイトに引きずりこまれ(爆)市民センターでリタイヤしました。
GENTOS DELTA PEAK ジェントス デルタピーク LEDヘッドライト DPX-143HとGENTOS ジェントス LEDキャップライト HC-232B

翌年、萩往還140kmリベンジ!成功はしたのですが、市民センターから深夜の板堂峠〜萩往還道は、このDPX-143H(全光束:125ルーメン)では暗すぎでした(苦笑)しかし、一緒に走ったラン友しばさんのヘッドライトの光があったので助かりました(汗)これがあってGENTOS DELTA PEAK DPX-433Hを購入しましたが金額もそこそこしますし、今となっては最初からStormクラスのヘッドライトを買っとけばよかったですね(笑)結論としては、今年の萩往還ヘッドライト対策!Black Diamond Storm(ブラックダイヤモンド ストーム)(価格は6,000円台とちょっとお高いですが:苦笑)で、完踏へ導いてもらおうかと思っとります!!
GENTOS DELTA PEAK ジェントス デルタピーク LEDヘッドライト DPX-143H 重量

最後に、今年萩往還140km初チャレンジで完踏ギリギリを目指してる方におすすめのヘッドライト対策です。最初の山口〜防府往復(49.6km)は重装備でなくウェストポーチ(ドリンクホルダー付き)で必要最低限の装備で、照明は帽子の庇につけるタイプの GENTOS LED キャップライト HC-232Bで鯖山峠以外は凌げるかと。このキャップライト、上下の調節が利くので(ホームセンターなどで売ってるキャップライトは上下調節できるのが少ない:苦笑)便利がいい。そして26g!と軽い(笑)
GENTOS ジェントス LEDキャップライト HC-232B

火葬場跡??がある”鯖山峠”越えは、このコンパクトでミニサイズなGENTOS GP-4でいいんではないでしょうか??(mont bellの温度計は別売りです:笑)鯖山峠以外はほとんど国道なんで必要最低限の照明は確保できます!ある程度走られて大会に挑む方なら、これで十分かと。
09gentos-gp-4

山口福祉センター到着後は,全光束が少ないヘッドライトならこのようなハンドライトがあれば便利かと。特におすすめがこちらの GENTOS SG-325 閃(価格2,000円〜)です。こちらはかなり明るいです。真っ暗な往還道でも、これがあれば安心して歩けます(笑)2年前に140kmを完踏した時も、ヘッドライトの光量が暗すぎたので、往還道では大活躍しました(爆)

初めての夜間走をされる方は、かなり不安になられると思います。まだまだ本番まで約1ヶ月ありますので、少しでも楽な気持ちで走れるよう最低限の深夜走対策は必要だと思います。あくまでも完踏目標するためのご意見ですのであしからず。
10gentos-sg-325

Sponsored Links