師走初日!極寒の中、カギを噴出!!(爆)

Sponsored Links

早いものでもう師走になっちゃいました!先月は下関海峡マラソンやSTKを走ったので(3日で約200km:苦笑)久々に月間300kmを越えました。1日から極端に気温が下がり日中も激寒の一日でしたが、スタートが肝心!と思い、17時くらいから(18時に讀賣鍼灸院に治療の予約を入れてるため)地元の若松南海岸コース(約7km)を走りました。
カギ噴出時のランマップ 若松南海岸通り

スタート地点でまず一枚!(マップ①)いつもは若戸大橋をバックに撮るのですが、この日は皿倉山をバックに。写真を見ただけで寒さが伝わってきそうです(苦笑)撮り終えてスマホをホールドチューブ (ワイド)に収納してランニング開始!
カギ噴出時のランスタート地点 若松区ごんぞう小屋

そして一旦久岐の浜の係留地に入り往復。途中(マップ②)で自撮を一枚!ここも若戸大橋をバックにええ写真が撮れる撮影スポットなんですが、ここでも皿倉山をバックに。そしてスマホを収納??してラン再開。

途中、小雨もパラつきだし早めに終わらないといかんと思いペースアップ(笑)国道に出た頃はもう真っ暗!途中ダッシュも入れて、無事に自宅に帰還。さて家に入ろうとホールドチューブに手を入れると、”か” ”ぎ” ”が” ”な” ”い”!!(汗)時計を見ると18時前10分!!慌てて、そのままの格好(半袖シャツと薄手ウィンドブレーカー)で右手にジェントス閃 325を持ちアシスト自転車で探しにいく。
カギ噴出ラン 自撮

昼間はこのようなところ(マップ③)で、よく見ると照明もない(苦笑)
カギ噴出ラン 若松区 久岐の浜先 昼間

恐らくこのような状況で自転車に乗って、自転車のライトと”閃”でくまなく走ったと思われる経路を探す。途中、熱田先生にカギを落として治療にいけませんと電話で伝え捜索再開。この付近になると、汗冷え(涙)そしてあられ!!強風!!! でもカギはなし(笑)
カギ噴出ラン 若松区 久岐の浜先 夜

そしてこの坂に入る手前(マップ④)でアシスト自転車のバッテリーも切れてしまった(|||_|||)ガビーン 手はかじかみ、漕いで上る元気も当然ないっす!絶望感の中、自転車を押しながら隈無く探しまくるが…….やはりカギはなし。段々と追いつめられ、いろんな思いが交差しだした。と言っても殆どがマイナス要因ばかりだが(苦笑)段々とDNSするときの心境に近くなってきた(爆)諦めさせようとするダークサイトからの誘いが津波のように襲いかかってくる!
カギ噴出ラン 若松区 和田町 坂道

そして折り返して、復路の途中に若松警察署の前を通るときも「届け出をだそう!」いや「最後の最後まで探そう!!」と心の中で葛藤。届け出を出しても後々面倒だし、カギ(家や車など諸々)がなければこれまた面倒だし(汗)だが先月走ったSTKを思い出し、最後まで諦めず探そうと決心。行き通った道をもう一度丹念に探す!この時は、完全に”カギを見つけるぞ!ZONE”に入っておりました(笑)
カギ噴出ラン 若松区 若松警察署

そして冷静に考え一番怪しい自撮を撮った所(立ち寄るのは往路のみ:マップ②)を、もう一度強風の中自転車を降りて隅々まで探すと黒っぽいモノがあるではないか!!キタ━━━d(゚∀゚)b━━━!!ー 約1時間、苦労して完全決着!!!一昨年萩往還の打ち上げでしばさんと飲んでた時に、「夜通し飲むとか、徹マンするのも萩往還の練習になりますよ!」と言ってたのを思い出した。これもきっと来年の萩往還の練習になったのでは??と勝手に思っておる次第でございます(爆)

翌日、ホールドチューブ (ワイド)の中をよく見るとこのように落下防止のモノがついてるではないか!!(笑)ここに掛けておけばファスナーを閉め忘れても落ちることはないですね(苦笑)失敗してからモノを学ぶ!ここら辺は相変わらず進歩なしですw(爆)

ちなみにこのホールドチューブ (ワイド)萩往還140kmの山口〜防府間の装備としてかなり便利がいいかと思いますよ。
カギ噴出ラン ホールドチューブ

Sponsored Links