第22回 みかた残酷マラソン全国大会:複路編

Sponsored Links

ラン馬鹿祭りを終え、甥っ子の”たーちん”が一度しばさんの店に戻らないといけなくなり”たーちん”の運転で香住へ

Sponsored Links
行くことに。途中、しばさんの奥さんにご挨拶する。6時くらいにロッジに戻り、先に寝させてもらう。午前1時に目が覚め、帰り支度を。ロッジの中は、しばさん一人で片付けてくれてた!手伝わずに済みません(汗)そして”たーちん”もすでに帰っており、このロッジにはしばさんと二人。しばさんも一人でこの場所に寝たくないらしく、2時くらいに一緒にロッジを出る。
第22回残酷マラソン 復路編
小代の三叉路出口まではしばさんの前を運転。途中自販機で停車した時にしばさんから、「野生動物がウヨウヨしてますから、くれぐれも注意して下さい。ぶつかると廃車ですからね!」と忠告を受ける。怖い怖い(笑)
第22回残酷マラソン 復路編
そして9号線をひたすら西下。小代を出て2軒目のコンビニに寄ることに。そこはもう鳥取市内です(笑)どんだけ田舎やねん!!そこからは暗闇の9号線です。赤い電球が連なって立ち並ぶ巨大な塔(後日、気になったので鳥取観光協会に電話して聞いたのですが、どうやら風力発電だったらしい:笑)や磯の香りはするが何も見えない海など、陽のある時に通ったらどんな景色なんだろう〜と思いながらの深夜ドライブでした。
第22回残酷マラソン 復路編
そして米子から境港に向かってる辺りから明るくなってきました。ダイハツ”Tanto”(タント)のCMで有名な”ベタ踏み坂”に立寄り、近くのコンビニでわたくしのバイブルである”デイリースポーツ”を購入。今日はしっかり虎のしっぽがついております(笑)
第22回残酷マラソン 復路編 ベタ踏み坂
おなかが空いてきたので、吉野家”松江学園通り”店に朝飯に。注文もいつものハムエッグ焼魚定食。そしてお決まりの”みそ汁”を”けんちん汁”に変更です。
第22回残酷マラソン 復路編 吉野家
多分”超シャバイ”卵なんでしょうが、たまに食うと美味いんですよね朝定(笑)。全国共通で同じ味が楽しめるのもいいです!吉野家最高!!
第22回残酷マラソン 復路編 吉野家
国道9号線も大概に飽きてきたので、出雲から先々月お世話になった奥出雲へ。途中かなりの睡魔に襲われ、道の駅”おろちの里”で15分程仮眠をして復活!(これも来年の萩往還250kmの練習ですね:爆)亀嵩駅の蕎麦屋には立ち寄らなかったですが写真を一枚。
第22回残酷マラソン 復路編 亀嵩駅
そして懐かしの道の駅”酒蔵奥出雲交流館”へ。4月のレースの時は日本酒の試飲もありましたが、この日も日本酒の試飲をしてました。しかし、車の運転なんでお断り(涙)でもここの日本酒は美味いです!!おすすめします。仁多米も美味し(笑)そしてお土産を物色して先に進みます。
第22回残酷マラソン 復路編 奥出雲道の駅
ここも思い出の地です。奥出雲ウルトラおろちのレース中に112kmにするか?100kmにするか??を散々迷った”焼き鯖エイド”のところです。結局100kmにして、70kmでリタイアしましたが(汗)前回はここのストアーでお土産に焼き鯖を買って帰りましたが、今日はまだ焼けてませんでした。
第22回残酷マラソン 復路編 焼きさば
奥出雲を車窓で楽しみ、広島入り。この先約10km程で高速にのれます。高野インター横の道の駅”たかの”で少し休憩をして高速に入りました。平日の早朝割引もなく料金がかなり心配ですが(笑)
第22回残酷マラソン 復路編
松江道から中国道、広島からは久々に山陽道に抜けて帰ることに。(行きの時道が悪くてハンドルを取られそうになったので:苦笑)車の量は多いですが、比較的に高低差がなく道が奇麗です。そしてお昼過ぎに九州入り。
16kanmonkyou
北九州”とことん”いったろう会のメンバーが務めてる会社に寄らないといけなかったので、小倉東インターで降りました。メンバーは残酷のTシャツが大好きでして、一昨年(蛍光グリーン)はすべてL寸だったのですが人数分買ってかえりました。昨年は黒いTシャツ!わたくしも欲しかったのですが”SOULD OUT!!” (笑)今年は黄色のTシャツ、LLしかなく河内君の分一枚しか買ってかえれませんでした(涙)本人はメチャ喜んでました!!そして、遠出をしたら必ず地元に帰って食べたくなる『豚骨ラーメン』を食べに”珍楽”へ。
第22回残酷マラソン 復路編 珍楽
最近ちょっと遠ざかってましたが、いつ行っても安定した味のミルキーな豚骨ラーメン。長旅で疲れた胃が癒されました(笑)
第22回残酷マラソン 復路編 珍楽ラーメン
若戸大橋も見えてきて超長旅もそろそろ終焉です。ラン友”しばさん”が「家に帰るまではレースは続いています!市民ランナーですがら、本当のゴールは我が家ですので気をつけて帰って下さい」と言ってます。まったくその通りだと思います。もうここまで来れば大丈夫でしょう!
第22回残酷マラソン 復路編 若戸大橋
最後にウチの娘のお土産を買わないといけないので自宅近くの書店で、女子小学生ナンバー1ファッション誌『ニコプチ』を購入。これですべてミッション完了!(笑)
第22回残酷マラソン 復路編
今回の北九州市若松区〜兵庫県美方郡香美町小代区の往復は1261.8kmでした。来年の萩往還250kmにピッタリなトレーニングでした(爆)来年もこのパターンで小代に帰りたいと思います!!
第22回残酷マラソン 復路編 総距離